コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンノーナ annona

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンノーナ
annona

古代ローマ国家への穀物供給。古くは元老院が管轄,不作期には安価に配分した。政策上重要な意味をもち,G.グラックス (→グラックス兄弟 ) は貧民への安価な配分策により支持を得んとした。帝政期にも担当長官 praefectus annonaeは重要官職であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android