コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンブロジオ聖歌 アンブロジオせいかAmbrosian chant

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンブロジオ聖歌
アンブロジオせいか
Ambrosian chant

ローマ・カトリック教会のミラノ地区の特別な典礼聖歌。現在もミラノを中心として行われている。4世紀のミラノの大司教アンブロシウスの名に由来するが,その旋律の起源は,東方聖歌や古ローマ聖歌の影響をうかがわせるなど,複雑である。ローマ・カトリック教会の典礼聖歌は一般にグレゴリオ聖歌に統一されていったが,ガリア聖歌モサラベ聖歌などが衰退したにもかかわらず,アンブロジオ聖歌は引続き継承された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のアンブロジオ聖歌の言及

【キリスト教音楽】より

…聖歌の名前は,中世の典礼の整備と布教活動に大きな功績のあった教皇グレゴリウス1世(在位590‐604)にちなんでいるが,歴史的に見れば,およそ12~13世紀まで創作が続けられた。その間に,東方聖歌を受け入れる最初の拠点になったミラノのアンブロジオ聖歌,アルプス北方のガリア聖歌,スペインのモサラベ聖歌など地方的な典礼も存在したが,ローマ教皇権の拡大に伴ってしだいに統一へと向かった。今日の研究によれば,その間に予想以上に北方からの影響が強かったことが指摘されている。…

※「アンブロジオ聖歌」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アンブロジオ聖歌の関連キーワードイタリア音楽

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android