コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンペライ アンペライ Lepironia mucronata

3件 の用語解説(アンペライの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アンペライ
アンペライ
Lepironia mucronata

カヤツリグサ科の大型多年草。熱帯アジアからオーストラリアにかけて分布する。茎は高さ 2mに達する。地下に長い地下茎があり,その節ごとに地上茎が立つ。葉は鞘をつくって茎を包み,わずかに鱗片状をなす。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アンペライ

ネビキグサ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アンペライ
あんぺらい

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアンペライの言及

【ヒトモトススキ】より

… ネビキグサMachaerina rubiginosa (Spreng.) T.Koyamaは本種にやや近縁の1種で,ネビキグサ属に入る。本州中部の太平洋岸からスリランカ,インドネシア地方に分布し,円柱形の葉がアンペラソウに似ているので,アンペライ(イラスト)の別名があるが,まぎらわしい。ネビキグサではアンペラ袋(アンペラソウで織った袋)は作らないが,インドネシアでは安物の敷物を作るのに利用される。…

※「アンペライ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アンペライの関連キーワードカヤツリグサ科七島蚊帳吊草小米蚊帳吊水蚊帳釣升草カサスゲカヤツリグサホタルイカンゾウ(カヤツリグサ科)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone