コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンミン錯体 アンミンサクタイ

1件 の用語解説(アンミン錯体の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アンミン‐さくたい【アンミン錯体】

アンモニアを配位子とする錯体アンモニア錯体

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアンミン錯体の言及

【錯体】より


[錯体研究の歴史]
 1704年最初に発見された錯体は鉄(II)と鉄(III)のシアノ錯体である顔料のベルリン青であるといわれている。配位子としてNH3を含むアンミン錯体の最初のものはタサエールB.M.Tassaert(1798)の報告したCoCl3・6NH3である。その後多数のアンモニア錯塩がつくられ,その構造に対してスウェーデンのブロムストランドC.W.Blomstrand(1869)は鎖状構造式を与えた。…

※「アンミン錯体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone