アンリ マティス(英語表記)Henri Matisse

20世紀西洋人名事典の解説


1869.12.31 - 1954.11.3
フランスの画家。
カトー・カンブレジ(北フランス)生まれ。
本名Henri-Emile-Benoit〉 アンリ・エミール・ブノワ〈Matisse マティス
1887年パリで法律を学び、法科資格試験に合格、サン・カンタンの法律事務所で働くが、1891年画家を志し再びパリへ行き、アカデミー・ジュリアンに在籍する。1892年エコール・デ・ボザールのモローのアトリエに入り、マルケルオーと知り合う。1896年国民美術協会に初出品し、かなりの成功を収め、1905年サロン・ドートンヌ展に出品し、「野獣主義」と名づけられ、’10年初の個展を開く。フォビズムから出発し、立体派の影響を受け、繊粋な色彩と単純な形態により独自の画風を確立する。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1869年12月31日
フランスの画家
1954年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アンリ マティスの関連情報