コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アンリ‐ミヒャエリス‐メンテンの式(生化学) Henri-Michaelis-Menten equation

法則の辞典の解説

アンリ‐ミヒャエリス‐メンテンの式【Henri-Michaelis-Menten equation】

通常ミヒャエリス‐メンテンの式*といわれるものである.ミヒャエリス(L. Michaelis)が1913年に,酵素反応は次に示すように2段階に起こると考え,反応速度を与える式を導いた.ここで酵素(E)と基質(S)が結合して複合体(ES)が生じ,次に2番目の式に従って反応生成物(P)を生じ,酵素はもとに戻るとした.基質が十分多量に存在するときの速度を V とすると,通常条件での反応速度 v が下の式で与えられる.ここで Km は(k2k3)/k1 で,ミヒャエリス定数*と呼ばれる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

アンリ‐ミヒャエリス‐メンテンの式(生化学)の関連キーワードミヒャエリス定数

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android