コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーサフ・ジャー アーサフ・ジャーĀsaf Jāh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アーサフ・ジャー
Āsaf Jāh

インド,デカン地方のハイデラバード王国 (1724~1948) の創始者 (在位 1724~48) 。ムガル帝国の武将であったが,ムガル帝国がアウラングゼーブ帝の死後急速に分裂,衰退していくなかで,デカンのハイデラーバードを都として独立し,ニザームと称した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のアーサフ・ジャーの言及

【ニザーム】より

…本来はアラビア語で〈統治〉を意味したが,ニザーム・アルムルクniẓām al‐mulk(〈国の統治者〉の意)という称号は,インドのムガル帝国時代,最高の地位にあるもの,宰相などに与えられた。とくに,アウラングゼーブ(在位1658‐1707)時代後期,デカンの統治をまかされたアーサフ・ジャーĀṣaf Jāhはその称号を与えられ,のちデカンがハイダラーバード藩王国として事実上ムガルから独立すると,その支配者は代々ニザームの称号をみずからにつけた。【小名 康之】。…

※「アーサフ・ジャー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アーサフ・ジャーの関連キーワードハイデラバード(インド)ハイデラバード

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android