アーモル手(読み)アーモルで(英語表記)Āmol ware

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アーモル手」の解説

アーモル手
アーモルで
Āmol ware

イラン北方マーザンダラーン地方のアーモルで 11~12世紀頃に焼かれた陶器。白い下地に文様刻文で表現して,緑,褐色で彩色した上から,黄色を帯びた透明釉をかけて焼成したものと,白い化粧土をかけた上に緑,褐色,で鳥文などを彩画して,黄色みの透明釉をかけて焼成したものとの2種がある。ともに胎土は紅褐色。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android