コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーモル手 アーモルでĀmol ware

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アーモル手
アーモルで
Āmol ware

イラン北方マーザンダラーン地方のアーモルで 11~12世紀頃に焼かれた陶器。白い下地に文様を刻文で表現して,緑,褐色で彩色した上から,黄色みを帯びた透明釉をかけて焼成したものと,白い化粧土をかけた上に緑,褐色,紫で鳥文などを彩画して,黄色みの透明釉をかけて焼成したものとの2種がある。ともに胎土は紅褐色。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android