胎土(読み)タイド

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 陶磁器の素地(きじ)となる土。
※蝶の皿(1969)〈秦恒平〉「釉は薄い胎土に幾重にもかかり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android