コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーリー効果 アーリーこうかEarly effect

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アーリー効果
アーリーこうか
Early effect

p-n接合に逆方向電圧を印加すると空乏層の幅は印加電圧の増加とともに増大する。このような現象はトランジスタコレクタ・ベース間の接合においてもみられる。通常コレクタ・ベース間は逆方向にバイアスされるので,コレクタ電圧の増加に伴って空乏層が広がり,実効的なベース幅の減少をもたらす。この結果たとえばコレクタ・コンダクタンスはベース幅が減少した分だけ増加する。このように空乏層広がり効果に基づくトランジスタ特性への影響を,提案者の J.アーリーの名にちなんでアーリー効果と呼んでいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

法則の辞典の解説

アーリー効果【Early effect】

トランジスタにおいてコレクタ電圧が変化すると,コレクタバリアの幅に変化が生じるため,ベースの幅にも変化がみられる現象をいう.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

アーリー効果の関連キーワードp

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android