コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アールベルク・トンネル あーるべるくとんねる

1件 の用語解説(アールベルク・トンネルの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アールベルク・トンネル
あーるべるくとんねる
Arlberg Tunnel

オーストリア国有鉄道ザンクト・アントン―ランゲン間にある鉄道トンネルドナウ川流域とライン川流域の分水嶺(ぶんすいれい)となるアールベルク峠の下を貫く。全長1万0648メートル。1880年着工され1884年に開通した。当時は蒸気運転であったが、1925年に電化が完成した。これによってチロール州とフォアアールベルク州が鉄道で結ばれた。ヨーロッパ屈指の長大トンネルであるとともに、トンネル内の最高点が標高1311メートルという高地のトンネルとして著名である。
 なお、1974年アールベルク峠の下に道路トンネルが着工され、1978年開通した。車道幅員7.5メートル(2車線対面交通方式)、長さ1万3972メートル。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のアールベルク・トンネルの言及

【ザンクト・ゴットハルト・トンネル】より

…長大トンネルを供用するに際しての課題の第1は火災時の安全対策であるが,このトンネルでは,(1)危険物積載車両の通行禁止,(2)避難方式の充実(250mごとの60名収容避難場所と本線に並行する避難坑および特殊車両の常備,750mごとの車両方向転換所の設置など)の対策を施した。なお,長大道路トンネルとしては,このほかにスイス,オーストリア国境のアールベルク・トンネル(約14km,1978完成),モン・ブランの山腹を貫いてイタリアとフランスとを結ぶモン・ブラン・トンネル(約11.6km,1965完成)などがあり,日本では恵那山トンネル(8.6km)などがある。【河村 忠男】。…

※「アールベルク・トンネル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone