コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーロン チカノバー Aaron Ciechanover

現代外国人名録2012の解説

アーロン チカノバー
Aaron Ciechanover


国籍
イスラエル

専門
分子生物学者;医師

肩書
イスラエル工科大学教授

生年月日
1947/10/1

出生地
ハイファ

学歴
ヘブライ大学

学位
博士号(イスラエル工科大学)

経歴
イスラエル陸軍に軍医として従事したのち、イスラエル工科大学生化学教授に就任。1970年代後半から’80年代前半、細胞の中で不要になったたんぱく質に“ユビキチン”が結合し、必要なものと区別する目印として働くことを発見。パーキンソン病、がんなどの治療や予防に道を拓いた。2004年これらの業績により、イスラエル工科大学のアブラム・ハーシュコ教授、カリフォルニア大学アーバイン校のアーウィン・ローズ博士とともにノーベル化学賞を受賞。

業績
ユビキチンの発見

受賞
ノーベル化学賞〔2004年〕 ラスカー賞〔2000年〕

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

アーロン チカノバーの関連キーワードアブラム ハーシュコアーウィン ローズプロテアソーム

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android