コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛋白質 たんぱくしつprotein

翻訳|protein

3件 の用語解説(蛋白質の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蛋白質
たんぱくしつ
protein

生体細胞組織の主要構成要素で,α-アミノ酸アミド結合 (ペプチド結合) により結合した天然高分子化合物。分子量は 2000~3000から,100万に達する。卵白,乳汁,血液,毛髪,筋肉などの水分以外のほとんどを構成し,植物では特に種子に多くみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

たんぱく‐しつ【×蛋白質】

生物の細胞の主成分であり生命現象に直接深く関与している、窒素を含む高分子有機化合物。約20種のアミノ酸ペプチド結合によりつながったもので、種類は多い。単純たんぱく質複合たんぱく質とに分けられる。プロテイン

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

たんぱくしつ【蛋白質】

三大栄養素のひとつ。L-アミノ酸が多数連結(重合)してできた高分子化合物。生物に存在する最も重要な構成成分のひとつ。体内で消化されたたんぱく質アミノ酸に分解され、再び、骨や筋肉、臓器、血液などの構成成分となり、さまざまな種類のたんぱく質に作りかえられる。また、生命維持に不可欠な栄養素であり、エネルギー源として使われる場合もある。

出典|講談社
漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蛋白質の関連情報