軍医(読み)グンイ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

軍医
ぐんい

軍隊構成員である医師をいう。衛生下士官、衛生兵、看護人、看護婦などとともに衛生要員に含まれる。衛生要員は、医療目的、つまり傷病者の診療に従事する、非戦闘員である軍隊構成員の一種で、敵に捕らえられた場合も捕虜とならないが、少なくとも捕虜と同等の待遇を受ける。自衛隊では「診療に従事する隊員(自衛官または技官)のうち医師資格のあるもの」がこれに該当する。[宮崎繁樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

軍医の関連情報