コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アーンド・インカード・ペイシス

保険基礎用語集の解説

アーンド・インカード・ペイシス

損害率算出の一つの手法で、ある一定期間の既経過保険料に対してその期間内に発生した保険金の比率を求める方式のことをさします。リトゥン、ベイシスに対比される手法で、既経過保険料、支払備金等を考慮した発生主義的な考え方に基づくものです。

出典|みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android