アーンド・インカード・ペイシス

保険基礎用語集の解説

アーンド・インカード・ペイシス

損害率算出の一つの手法で、ある一定期間の既経過保険料に対してその期間内に発生した保険金の比率を求める方式のことをさします。リトゥン、ベイシスに対比される手法で、既経過保険料、支払備金等を考慮した発生主義的な考え方に基づくものです。

出典 みんなの生命保険アドバイザー保険基礎用語集について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android