コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

発生主義

5件 の用語解説(発生主義の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

発生主義

実際には現金の収支がなくても、将来的な収益に結びつく経済価値があるかどうかに着目して費用や収益を計上する会計基準のこと。例えば、受注生産を行なっている場合、商品の引渡しや代金を回収していなくても、商品が完成すれば、売買の成立が見込める。この場合、発生主義に基づけば、一定の基準を設けて代金の一部を売上に計上できる。一方、実際の現金の収支が発生した時点で費用や収益を計上する会計基準のことを「現金主義」と言う。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

会計用語キーワード辞典の解説

発生主義

発生主義とは、現金の収入・支出に関係なく経済価値が費消した事実が発生したときに費用・収益を計上する基準のことです。現金主義では抑えきれない、掛取引などを抑えるために補正的な制度として生まれました。ただし、収益について発生主義を全面的に適用すると未実現の利益が計上されるという弊害が起きるため、実現主義が適用されます。発生主義の適用範囲には、減価償却費の計上や未払費用の計上、未収収益の計上等があります。

出典|(株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」
会計用語キーワード辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はっせいしゅぎ【発生主義 accrual basis】

企業会計において,収益や費用の認識・計上を,財の経済価値の増加および減少という事実を基準にして行うことをいう。これは,現金の収入および支出という事実を基準とし,現金収入をもって収益とし,現金支出をもって費用とする現金主義cash basisと対立するものである。現金主義による会計を現金主義会計と呼び,発生主義による会計を発生主義会計と呼ぶ。古くは,企業会計は現金主義会計として行われていたが,企業の継続化,固定資産(建物など)の増大,信用取引の一般化などにより,現金主義会計による期間損益は,たとえば長期間使用される建物を購入(支払)時の期間の費用に一括計上したり,信用販売の収益を現金収入時の期間まで計上しないことなどの不合理にみられるように,その期間の企業の活動業績(努力と成果)を適切に反映しえなくなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

発生主義
はっせいしゅぎ
accrual basis

企業の利益計算に当たって,現金の受け取りや支払いの時点とは無関係に,収益と費用をその発生を意味する経済的事実に基づいて計上する考え方。現金の受け払い時点で収益と費用を計上する現金主義に対比される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

発生主義の関連情報