コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イサウリア イサウリアIsauria

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イサウリア
Isauria

小アジア南部アナトリアのタウロス山脈付近の古代ローマの地名。山岳地帯のため略奪行為で有名なイサウリア人に格好な隠れ家を提供。このためイサウリア人は近隣を荒し回ったが,前1世紀頃ローマに制圧され,皇帝アウグスツス (在位前 27~後 14) の時代には属州ガラチアに編入された。その後ビザンチン皇帝ゼノの出身地として著名となり,イサウリア朝の名もこの地に由来する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

イサウリアの関連キーワードグレゴリオス[ナジアンゾスの]ゼノン(ビザンティン皇帝)アナスタシオス[1世]アナスタシウス(1世)レオン(3世)イコノクラスムレオ[3世]Zēnōnレオ3世レオ2世ガラテヤレオ4世アスパルイレネレオ

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android