コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イシダタミ Monodonta labio; lipped winkle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イシダタミ
Monodonta labio; lipped winkle

軟体動物門腹足綱ニシキウズガイ科。高 2.5cm,殻径 2.2cm。殻は卵円形で堅固,殻表は黒緑色地に黄,桃褐色の斑紋があり,また石畳のような彫刻がある。殻口は丸く,内面は白色で筋があり,軸唇は広く,下端に強い歯状突起がある。ふたは黄白色,薄い革質で多く巻き,中央に核がある。北海道南部から熱帯太平洋,インド洋に広く分布し,潮間帯の岩礫底にすむ。通常は潮間帯中部から下部の転石の下などにいるが,夏期の繁殖期には高潮線付近に移動して集る。ゼラチン質に包まれた卵を水中に産み出す。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

イシダタミの関連キーワードクボガイ(久保貝)ソメンヤドカリイシダタミガイ小羸子・細螺諸磯遺跡磯物

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android