コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イシムカデ類 イシムカデるいLithobiomorpha; lithobiomorph centipede

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イシムカデ類
イシムカデるい
Lithobiomorpha; lithobiomorph centipede

ムカデ綱改形亜綱イシムカデ目に属する種類の総称。一般に体長1~2cm。山地の落ち葉の下などに生活し,すばやい行動で小型昆虫類,クモ,ダニなどを捕食する。歩脚は 15対で,自切しやすい。春から夏にかけて断続的に 300個内外の卵を産む。卵は1個ずつ泥に包まれて地表や土中に放置される。孵化した幼虫は7対の歩脚をもっており,脱皮するごとに胴節と歩脚の数がふえて 15対になる。さらに脱皮を重ねて成長し,3年目の春から産卵群に加わる。世界で約 1200種が知られている。 (→改形類 , ムカデ類 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

イシムカデ類の関連キーワードムカデ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android