コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自切 じせつautotomy; self-amputation

5件 の用語解説(自切の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自切
じせつ
autotomy; self-amputation

動物が危険に際し体の一部をみずから切断,放棄して身を守る現象。動物が外敵に捕えられるのを免れるための適応。扁形,環形,軟体,棘皮,節足動物など無脊椎動物に多くみられるが,脊椎動物ではトカゲの尾でみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じ‐せつ【自切/自×截】

動物が、外敵に襲われるなどの強い刺激を受けると、体の一部を自ら切り捨てて生命を守る現象。トカゲの尾、カニの脚などにみられる。自割。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

自切【じせつ】

自割とも。動物が敵に付属肢や尾などを捕らえられ,または破壊された際などに,その部位を自ら切断して放棄する現象。ミミズ,カニ,バッタなど無脊椎動物に多いが,トカゲ,ヤモリの尾でもみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じせつ【自切 autotomy】

動物が敵に襲われたとき,みずから体の一部を切って落とす現象。トカゲの尾,カニのはさみなどの例がよく知られているが,ミミズ(胴部),ヒトデ(腕),直翅(ちよくし)目などの昆虫(肢)などでもよく見られる。単に機械的に脱落が起こるのではなく,多くの場合,自切の起こる部位は一定しており,その部位から先が自動的に脱離しやすい構造(脱離節とよばれる)になっている。捕食者からの刺激によって,特定の中枢を介する自切反射が解発され,その構造に関係する筋肉が収縮して,自切が起こる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自切
じせつ

動物が自ら体の一部を切断する現象をいう。通常は防衛反射または逃避反応の特殊な例として、外敵に襲われた場合または身体の一部に重大な傷害を受けた場合におこる防護自切をいうが、生殖または個体の増殖のため生じる生殖自切を含む場合がある。脊椎(せきつい)動物ではトカゲの尾が防護自切をすることが知られているが、この場合は尾の数か所が椎骨中央で切断しやすくなっている。このように、多くの場合、自切は脱離節とよばれる一定の場所でおこる。節足動物のカニの類では、反射(自切反射)による自切が全歩脚に発達し、基節が座節と癒合した面で脱離する。自切反射がおこるには、少なくとも二つの筋肉の協調した働きにより生じ通常の歩行には関係しない太い神経の興奮が必要である。この興奮なしには、外部から強い力で引いても脱離面では破壊されず、力学的に弱い場所が脱離面となるのではないことがわかる。一方、ヒトデの腕やミミズのように特定の脱離面がないものもある。また生殖自切の例も、頭足類の交接腕や条虫類の片節など多くの無脊椎動物にみられる。[村上 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の自切の言及

【カニ(蟹)】より

…この間がカニ類にとって外敵に襲われやすい危険な時期である。脱皮のときに,自切したはさみ脚や歩脚が再生する。
[自切]
 石などが落ちて脚が傷つけられたりすると,付け根近くの基節と底節の間にある特定の脱落面で脚を切り落として体液の流出を防ぐ。…

※「自切」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自切の関連情報