コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イシュトリルショチトル Fernando Alva Ixtlilxóchtl

1件 の用語解説(イシュトリルショチトルの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

イシュトリルショチトル【Fernando Alva Ixtlilxóchtl】

1575?‐1650?
植民地期メキシコの歴史家。テスココ王家の末裔。自由七科を修め,官界に入って地方官職を歴任,また詩作に長じた。父祖の地テスココの歴史にひかれ,広く原住民絵文書(コデックス)を渉猟・解読し,1648年ころ《チチメカ史》を著す。叙述は世界創世に始まって征服に及び,とりわけ高祖父にあたる詩人王ネサワルコヨトルの事跡と詩作は彼の筆によって後世に伝えられた。【高橋 均】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

イシュトリルショチトルの関連キーワード秋山信友鳥居強右衛門鳥居強右衛門長篠の戦い伯耆流お蔭参りウェールズ文学高温ガス炉ドイツ語対テロ戦争への取り組み

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone