コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渉猟 ショウリョウ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐りょう〔セフレフ〕【渉猟】

[名](スル)
広くあちこち歩きまわって、さがし求めること。「山野を渉猟する」
調査・研究などのために、たくさんの書物や文書を読みあさること。「内外の文献を渉猟する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうりょう【渉猟】

( 名 ) スル
広い範囲を捜し求めること。また、たくさんの書物をあさり読むこと。 「山野を-する」 「文献を-する」 「西籍せいようしよを-すること既に久し/新聞雑誌 17

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

渉猟の関連キーワードモーリス ブルームフィールドディオゲネス・ラエルティオスメネンデス・イ・ペラーヨイシュトリルショチトルブルームフィールドÉ. マーニュカトライン茶湯一会集スタッブズ千野金太丸喜多村節信芥川龍之介十七史商榷生松 敬三高森 砕巌続史愚抄谷森善臣藤本箕山古野清人矢田挿雲

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

渉猟の関連情報