コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渉猟 ショウリョウ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐りょう〔セフレフ〕【渉猟】

[名](スル)
広くあちこち歩きまわって、さがし求めること。「山野を渉猟する」
調査・研究などのために、たくさんの書物や文書を読みあさること。「内外の文献を渉猟する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうりょう【渉猟】

( 名 ) スル
広い範囲を捜し求めること。また、たくさんの書物をあさり読むこと。 「山野を-する」 「文献を-する」 「西籍せいようしよを-すること既に久し/新聞雑誌 17

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

渉猟の関連キーワードディオゲネス・ラエルティオスモーリス ブルームフィールドメネンデス・イ・ペラーヨイシュトリルショチトルブルームフィールドÉ. マーニュ生松 敬三千野金太丸十七史商榷高森 砕巌芥川龍之介喜多村節信茶湯一会集カトラインスタッブズ松下見林サルカル矢田挿雲藤本箕山伊能忠敬

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

渉猟の関連情報