イスタンブールの地下貯水池(読み)イスタンブールのちかちょすいち

世界の観光地名がわかる事典の解説

トルコ最大の都市イスタンブールにある、東ローマ帝国の皇帝ユスティニアヌスによって建設された巨大な貯水槽。長さが138m、幅65mの長方形の空間で、高さ9m、1列12本で28列、合計336本の円柱がレンガ造りの丸天井を支えている。円柱のうち、98本は5世紀に流行したアカンサス柱頭を備えたものである。壁体は、水を通さない特殊なモルタルでおおわれた、厚さ4mの耐火レンガの壁に囲まれている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android