コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イトアメンボ いとあめんぼ

1件 の用語解説(イトアメンボの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イトアメンボ
いとあめんぼ / 糸水黽
water measure

昆虫綱半翅(はんし)目イトアメンボ科の総称、またはそのなかの1種名。イトアメンボ科Hydrometridaeは半水生のカメムシ類で、池沼や水田など、静水の岸辺近くに多い。日本には4種が知られている。体も脚(あし)も細長いが、とくに頭部が長く、胸部とほぼ等長である。はねに長翅型と微翅型が現れる。アメンボ類の滑走とは異なり、水生植物の間の水面をゆっくり歩行する。口針を伸ばして水面下のミジンコなどを捕食する。和名イトアメンボHydrometra albolineataは本州、四国、九州および朝鮮半島、中国、台湾に分布する普通種で、体長12~14ミリメートル。体はきわめて細く、体色は暗褐色、ときに黒色または淡色を帯びる。生態はほかのアメンボ類とほぼ同じである。[立川周二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイトアメンボの言及

【アメンボ(水黽)】より

…コガタウミアメンボH.sericeus,センタウミアメンボH.germanus,ツヤウミアメンボH.micansは海岸から数十~数百kmも離れた大洋面にも進出する。水面で活動するカメムシ類(アメンボ,サンゴアメンボ,カタビロアメンボ,イトアメンボ,ミズカメムシ,ケシミズカメムシの各科)を広い意味でアメンボ類ということもある。アメンボ科以外のアメンボ類は跗節だけで水面を押さえ,水面を歩いたり走ったりして移動する。…

※「イトアメンボ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イトアメンボの関連情報