コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イネコウジキン(稲麹菌) イネコウジキンUstilaginoidea virens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イネコウジキン(稲麹菌)
イネコウジキン
Ustilaginoidea virens

子嚢菌類タマカビ目ニクザキン科に属する菌類。イネバナ,コウジバナの異名がある。イネに寄生するとその穂の中の数粒がおかされ,の殻の間から淡黄緑色の肉塊状のものがはみ出してきて,籾の全面を包み,のちにその表面の薄膜が破れ,黄緑色の胞子が散逸する。好条件下ではこの肉塊状の菌体から小さなキノコを生じる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android