イネタテハマキ(稲縦葉巻)(読み)イネタテハマキ(英語表記)Marasmia exigua

世界大百科事典 第2版の解説

イネタテハマキ【イネタテハマキ(稲縦葉巻) Marasmia exigua】

鱗翅目メイ科の昆虫。別名イネハカジノメイガ。小型のガで,開張1cm内外。前翅前縁部と両翅外縁部は黒褐色ほか黄褐色幼虫はイネのを巻いて中から食害する。関東地方より西に広く分布し,おもに水田地帯に産する。年3回の発生で,秋の出穂期に多発すると被害は大きくなる。本種と似ているコブノメイガCnaphalocrocis medinalisもイネ科植物の害虫としてよく知られているが,幼虫のつづった葉が本種のように規則正しくない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android