コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イネタテハマキ(稲縦葉巻) イネタテハマキMarasmia exigua

世界大百科事典 第2版の解説

イネタテハマキ【イネタテハマキ(稲縦葉巻) Marasmia exigua】

鱗翅目メイガ科の昆虫。別名イネハカジノメイガ。小型のガで,開張1cm内外。前翅前縁部と両翅外縁部は黒褐色。ほかは黄褐色。幼虫はイネの葉を巻いて中から食害する。関東地方より西に広く分布し,おもに水田地帯に産する。年3回の発生で,秋の出穂期に多発すると被害は大きくなる。本種と似ているコブノメイガCnaphalocrocis medinalisもイネ科植物の害虫としてよく知られているが,幼虫のつづった葉が本種のように規則正しくない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone