コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イパチンガ Ipatinga

2件 の用語解説(イパチンガの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

イパチンガ【Ipatinga】

ブラジル南東部の都市。鉄鋼業が発達。1958年ウラジミナス製鉄所が建設されてから急速に発展。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イパチンガ
いぱちんが
Ipatinga

ブラジル南東部、ミナス・ジェライス州東部の都市。ベロ・オリゾンテの北東210キロメートルに位置する。人口21万2496(2000)。1958年に日本(八幡(やはた)製鉄。現新日鉄住金)・ブラジル合弁のウジミナス製鉄所が建設されて以後、急速に発展した。これはブラジル最大の鉄鋼生産能力をもつ。付近は藪(やぶ)を交えた草原の丘陵地域で、ウシの放牧地であるが、ドーセ川の比較的広い河谷に周囲とは著しく対照的な近代工業都市が形成されている。[山本正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イパチンガの関連情報