コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イパチンガ Ipatinga

大辞林 第三版の解説

イパチンガ【Ipatinga】

ブラジル南東部の都市。鉄鋼業が発達。1958年ウラジミナス製鉄所が建設されてから急速に発展。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

イパチンガ(Ipatinga)

ブラジル南東部、ミナスジェライス州の都市。州都ベロオリゾンテの北東約150キロメートルに位置する。1958年に日伯合弁のウジミナス製鉄所が建設され、同国における製鉄業の中心地の一つとなった。また、豊富な森林資源を有し、製紙業も盛ん。イパティンガ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イパチンガ
いぱちんが
Ipatinga

ブラジル南東部、ミナス・ジェライス州東部の都市。ベロ・オリゾンテの北東210キロメートルに位置する。人口21万2496(2000)。1958年に日本(八幡(やはた)製鉄。現新日鉄住金)・ブラジル合弁のウジミナス製鉄所が建設されて以後、急速に発展した。これはブラジル最大の鉄鋼生産能力をもつ。付近は藪(やぶ)を交えた草原の丘陵地域で、ウシの放牧地であるが、ドーセ川の比較的広い河谷に周囲とは著しく対照的な近代工業都市が形成されている。[山本正三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

イパチンガの関連キーワードブラジル

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android