コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イビビオ族 イビビオぞくIbibio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イビビオ族
イビビオぞく
Ibibio

ナイジェリア南東部のクロス川流域に住む民族。言語はニジェール=コンゴ語派のクワ諸語に属する。人口約 500万と推定される。西のアナングと東のイビビオを中心に,中央のエフィク,北のエンヨング,南のエケト,デルタ地帯のアンドニ・イベノの地域集団に分けられる。熱帯雨林の農耕民でヤムいも,タロいも,キャッサバなどを栽培し漁業も行う。村落組織が発達し,出自を同じくしたり,共通の守護神やトーテムを所有する村が集って地域社会を形成する。秘密結社が男女ともに顕著にみられるが,たとえば構成員が富裕な男性に限られる結社をもつ社会では,彼らが高い社会的地位や政治権力を独占し,共同体を守る宗教行事も担当する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

イビビオ族の関連キーワードカラバル

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android