農耕民(読み)のうこうみん(英語表記)cultivator

翻訳|cultivator

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「農耕民」の意味・わかりやすい解説

農耕民
のうこうみん
cultivator

稲作畑作,焼畑農耕民というように単に生業区分上農耕を営む人々を指す定義と,農民 peasantとの違いを強調して,主に自給と社会関係から生じる義務の履行のために農産物を生産する人々という定義の2とおりの用法がある。後者の定義による農耕民の特徴は,(1) 生産手段の支配は家族内,共同体集団内で完結しているので,強制と搾取の経済的関係やそれに伴う従属と支配の社会的関係は生産組織の中に生じえない,(2) 大規模な市場経済に組み込まれていないため,生産者の使用分を大幅に上回るような過剰生産も行なわれない,ことなどである。一般に農耕民社会では,生産物の交換と利益よりも,集団内の協同分配の伝統的形態の維持に意が注がれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android