イブヌル・クーティーヤ(英語表記)Ibn al-Qūtīya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イブヌル・クーティーヤ
Ibn al-Qūtīya

[生]? セビリア
[没]977.11.6. コルドバ
イスラム教徒の文法学者,歴史学者。ウマイヤ家のマウラー (アラブ以外のイスラム教徒の意。複数形はマワーリー ) とゴート族の王女との間の子供を祖先とし,スペインの後ウマイヤ朝では名門であった。コルドバで学び,のちにそこで教鞭をとって大学者の名を得た。多数の著書のなかで現存するのは,『動詞論』 Kitāb Tasārīf al-Af`āl,『アンダルシア征服史』 Ta'rīkh Iftitāh al-Andalusである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android