コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イボキサゴ いぼきさご

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イボキサゴ
いぼきさご / 疣喜佐古
[学]Umbonium moniliferum

軟体動物門腹足綱ニシキウズガイ科の巻き貝。北海道南部から九州、朝鮮半島、中国の内湾の潮間帯から水深10メートルぐらいの砂泥底にすむ。殻高15ミリメートル、殻径25ミリメートルぐらいで螺塔(らとう)は低く、細い螺条があり、灰色と黄褐色の市松模様となっているが、色彩変異が多い。肉は食べられる。外洋には近似種で大形のキサゴU. costatumがすむ。[奥谷喬司]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のイボキサゴの言及

【キサゴ(喜佐古)】より

…産卵期は晩秋で水中に放卵する。イボキサゴU. moniliferumはこの種に似るが,巻きに沿っていぼ列があり,下側の石灰の沈着が大きく広い。分布も同じではあるが,湾内の潮間帯砂底にすんでいる。…

※「イボキサゴ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

イボキサゴの関連キーワードダンベイキサゴ加曽利貝塚堀之内貝塚花輪貝塚

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

イボキサゴの関連情報