コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イボキサゴ いぼきさご

1件 の用語解説(イボキサゴの意味・用語解説を検索)

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イボキサゴ
いぼきさご / 疣喜佐古
[学]Umbonium moniliferum

軟体動物門腹足綱ニシキウズガイ科の巻き貝北海道南部から九州、朝鮮半島、中国の内湾の潮間帯から水深10メートルぐらいの砂泥底にすむ。殻高15ミリメートル、殻径25ミリメートルぐらいで螺塔(らとう)は低く、細い螺条があり、灰色と黄褐色の市松模様となっているが、色彩変異が多い。肉は食べられる。外洋には近似種で大形のキサゴU. costatumがすむ。[奥谷喬司]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のイボキサゴの言及

【キサゴ(喜佐古)】より

…産卵期は晩秋で水中に放卵する。イボキサゴU. moniliferumはこの種に似るが,巻きに沿っていぼ列があり,下側の石灰の沈着が大きく広い。分布も同じではあるが,湾内の潮間帯砂底にすんでいる。…

※「イボキサゴ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

イボキサゴの関連情報