市松模様(読み)いちまつもよう

百科事典マイペディア「市松模様」の解説

市松模様【いちまつもよう】

碁盤の目形に黒と白,黒と赤などの入れ違いを配列した模様。古くから服飾品をはじめ工芸品や建築に応用される。もとは石畳と称したが,1741年に歌舞伎役者佐野川市松が舞台衣装の(はかま)の模様に用いて以来,市松と呼ばれるようになった。
→関連項目幾何学文チェック

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「市松模様」の解説

いちまつ‐もよう〔‐モヤウ〕【市松模様】

碁盤目状の格子の目を色違いに並べた模様。江戸中期、歌舞伎俳優佐野川市松がこの模様の袴(はかま)を用いたことに始まるという。石畳(いしだたみ)。(あられ)。いちまつ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「市松模様」の解説

いちまつ‐もよう ‥モヤウ【市松模様】

〘名〙 地紋の一種。黒と白を交互に並べた碁盤目の模様。最近は、色物や長方形のものなどもいう。市松。石畳(いしだたみ)
※芽むしり仔撃ち(1958)〈大江健三郎〉八「村長の家は黒と白の市松模様の壁をめぐらせて」
[語誌]→「いちまつぞめ(市松染)」の語誌

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「市松模様」の解説

いちまつもよう【市松模様】

石畳,霰(あられ)などともいわれ,幾何学模様のもっとも簡単なものとして東西を問わず古くから種々のものの意匠模様に用いられている。ことに染織品の模様としては,これの土台になる裂地(きれじ)の構造が,直交する経緯(たてよこ)の糸で組織されたものであるからとともにきわめて織物に自然な模様として,その発生はおそらく原始時代にさかのぼるものであろう。日本でも古く古墳時代の埴輪(はにわ)の服装にこの模様がみられ,7~8世紀ころの法隆寺正倉院の染織品にも織模様として多く用いられている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の市松模様の言及

【佐野川市松】より

…12歳の初舞台のときからその愛らしさが人気となり,41歳で没するまで,美貌の若衆方,女方役者として活躍した。代表的な舞台は,1741年(寛保1)江戸中村座で演じた《高野心中》の粂之介で,その衣装に用いた石畳(いしだたみ)の模様は〈市松模様〉として今日に残る。〈市松(いちま)人形〉の名も顔を似せて作ったことに由来する。…

【チェック】より

…市松模様,格子縞,そのほか線が直角に交差した格子柄模様の総称。一般に先染めした経糸(たていと)と緯糸(よこいと)で織り出して作るが,プリントで表したものもある。…

※「市松模様」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android