コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イボダンゴ いぼだんご

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イボダンゴ
いぼだんご / 疣団子
Pacific spiny lumpsucker
[学]Eumicrotremus orbis

硬骨魚綱スズキ目ダンゴウオ科に属する海水魚。日本海側では富山県と新潟県、太平洋側では岩手県沿岸から千島列島、ベーリング海を経て、アメリカのワシントン州沖までに分布する。体は球形で、眼径ぐらいの大きさか、あるいはそれより小さいこぶ状突起が散らばる。下顎(かがく)の腹面にはいぼ状突起がない。腹面に腹びれが変化した吸盤がある。第1背びれは高くて、多くのこぶ状突起がある。体は淡褐色。普通、水深200メートル以浅にすむが、575メートルから捕れた記録がある。体長約10センチメートルにしかならない。食用としての価値はない。[尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のイボダンゴの言及

【ダンゴウオ(団子魚)】より

…ホテイウオを除けばほとんどが全長10cm以下の小型種である。イボダンゴEumicrotremus orbisはオホーツク海,千島,北海道の太平洋岸,日本海,アメリカの北太平洋岸に分布する。全長33mmほどで成熟する。…

※「イボダンゴ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

イボダンゴの関連キーワード腹面

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android