コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吸盤 きゅうばん sucker

翻訳|sucker

6件 の用語解説(吸盤の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吸盤
きゅうばん
sucker

動物が他生物または他物体に吸着するための壺状,円盤状をした器官。コバンイタダキの頭頂部,タコ,イカの触手の「いぼ」,カンテツ,ヒルなど寄生性動物の口器はその例。ツタ属の植物にある巻きひげの先端につく付着盤を吸盤ともいう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きゅう‐ばん〔キフ‐〕【吸盤】

動物が他の物に吸いつくための器官。筋肉を収縮させるなどして内側くぼみの圧力を減少させて吸着する。吸虫・ヒル・タコ・コバンザメ・ヤモリなどにみられる。
壁面などに物体を固定するため、押し付けて吸着させるもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

吸盤【きゅうばん】

動物が他物に吸いつくための器官。ヒル類には体の前端と後端に,ジストマなどは前端と腹面中央部に1個ずつあり,盛り上がった周縁の筋肉の収縮で吸盤内部に負圧の空所を生じて吸着する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

きゅうばん【吸盤 sucker】

動物が他の動物や物体に吸着するための構造。吸虫類では口の周囲,腹面などにみられるが,位置や数には変異がある。ヒル類では体の前後端に,頭足類では触手上にある。いずれも吸盤の縁を対象物に強く押しあて,筋肉を収縮させて吸盤内部の容積を拡張し,含まれている空気を外圧に対して負圧とすることにより,強い密着力を生じさせる。両生類アマガエルでは指端にあり,その掌面は多数の独立した上皮細胞からなる。個々の細胞の表面は扁平で,対象物に吸着する際には細胞間の小孔から粘液,またはリンパ液を出し,この液体を媒体として扁平な細胞表面と,対象面の間に生じる表面張力を利用している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きゅうばん【吸盤】

動物が他の動物や物体に吸い付くための器官。周壁の筋肉を収縮させ、内部のくぼみ内の圧力を下げて吸着する。ヒル類やサナダムシ、またタコ・イカの触手、ヤモリの指などに見られる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吸盤
きゅうばん

動物が他の動物や物体に吸着するための器官をいう。柔らかく盛り上がった周縁に囲まれた中に空所をもち、これを他物に強く押し付け、次に周囲の筋肉を収縮させて内部を陰圧にして吸着する。その形や数、また吸着の目的は動物の種類によってさまざまである。ジストマなど内部寄生をする吸虫類では口と腹部に吸盤があり、宿主から排出されないように腸その他の器官に吸着する。ヒル類では体の前後両端にあり、他物に交互にくっつけたり放したりして移動するが、さらに前吸盤は吸血の役目を果たす。イカ、タコなどの頭足類の吸盤は触手上に一定の配列を示し、食物をとるために利用している。昆虫ではゲンゴロウ類の雄の前肢最終肢節((ふせつ))に、交尾時に雌を抱くための吸盤がある。脊椎(せきつい)動物ではコバンイタダキの頭部背面に小判形の吸盤があり、サメその他の大形魚の腹面にくっつき移動する。アマガエルでは指先に、ヤモリでは指の掌面に吸盤があり、樹木や壁を簡単に移動する。[内堀雅行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の吸盤の言及

【サッカー】より

…表面に縦,横,または格子状の〈しぼ〉のある織物。本来はシアサッカーseersuckerといい,〈ミルクと砂糖〉を意味するペルシア語のshīr va shakkarに由来する。もともとインドで作られ,亜麻や木綿であったが,現在は絹やレーヨンでも作られる。〈しぼ〉は張力の異なる糸を経,緯に用いて凹凸を作るが,苛性ソーダなどを用いた薬品処理を行うこともある。一般に薄手で,〈しぼ〉のさらりとした触感から夏物衣料に用いられる。…

【触腕】より

…それ以外のイカ類ではふだんは縮められているが,ポケットにたたみこまれることはない。触腕は柄部stalkと掌部clubからなり,掌部には通常2~4列,種によっては8~16列あるいは20列以上もの吸盤があり,その角質環の歯の大きさや並び方は通常腕のそれと異なっている。また,吸盤のうち1~2列のものが鉤(かぎ)に変形している例もまれではない。…

※「吸盤」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

吸盤の関連キーワード後生動物吸血動物牽用動物転園動物質動物性動物性器官動物体動物電気超音波検査法

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

吸盤の関連情報