コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イメージ管(読み)イメージカン

大辞林 第三版の解説

イメージかん【イメージ管】

微弱光、または人間の肉眼では見えない赤外線・紫外線・ X 線などの像を、可視像として映し出す電子管。物体からの光を光電面に受け、光電面から放出される光電子を加速・集束して蛍光面に当て、結像・発光させる。映像の輝度増倍や、不可視像の捕捉の機能がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のイメージ管の言及

【映像増倍管】より

…入射光により光電面から放出された光電子を加速,集束して蛍光面に結像,発光させ,光学像を得る真空管(図1)。イメージインテンシファイア(略称I.I.)またはイメージ管とも呼ぶ。微弱光の輝度増倍や,不可視光像を可視像に変換する機能をもち,後者は像変換管とも呼ぶ。…

※「イメージ管」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android