コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イルティシ[川] イルティシ

百科事典マイペディアの解説

イルティシ[川]【イルティシ】

ロシア,西シベリアのオビ川最大の支流。全長約4250km。黒イルティシの名称で中国領に発し,カザフ草原を北西流してオビ川に注ぐ。11月から4月結氷。
→関連項目キプチャク・ハーン国ザイサン[湖]シビル・ハーン国セミパラチンスク

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のイルティシ[川]の言及

【オビ[川]】より

…アルタイ山中のビヤ,カトゥニ両川の合流点(ビイスク市付近)から下流をオビ川と呼称する。中流部では左岸からイルティシ川を合わせ,北上して北極海にそそぐ。本流の長さ3650km,イルティシ川水源からの全長5410km,流域面積299万km2。…

※「イルティシ[川]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android