コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワヅタ(岩蔦) イワヅタ Caulerpa

2件 の用語解説(イワヅタ(岩蔦)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イワヅタ(岩蔦)
イワヅタ
Caulerpa

緑藻類ミル目に属し,低潮線付近の岩上にはうように着生する藻類。ヘライワヅタフサイワヅタ,ヒメイワヅタスリコギヅタ,クロキヅタなどいろいろの種がある。いずれも岩上をはっている茎状部はところどころで仮根をおろし,また小枝が立上がっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

イワヅタ【イワヅタ(岩蔦) Caulerpa】

海中の岩上や砂上を匍匐(ほふく)するつる性の,茎と根および葉の区別が外見上明瞭な緑藻イワヅタ科の属の名称。体はつる性で,円柱状の匍匐する茎の下部から多数の細い根が出て基物に固着する。茎の上部からは多数の枝と小枝および葉が出る。種類数が多く,日本沿岸だけでも20種以上生育する。種の区別は主に枝や葉の形状による。フサイワヅタC.okamurai W.v.Bosseは枝の周囲に長楕円形の小枝を密生するのに対し,スリコギヅタC.racemosa W.v.Bosse var.laetevirens W.v.Bosseはその名のようにすりこぎ棒に似た小枝を密生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

イワヅタ(岩蔦)の関連キーワードサネカズラチョウチンゴケつるつる匐枝匍匐匍匐茎匍匐前進ストロンスルツルタマシダ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone