コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワヒバ科 イワヒバかSelaginellaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イワヒバ科
イワヒバか
Selaginellaceae

シダ植物イワヒバ目に属し,1属約 700種を含む。世界中に広く分布するが,特に熱帯に多い。小舌とともに小葉をつけ,長く伸びる。茎の分枝するところからは根持体という根と茎の中間的な性質をもった枝を分け,地面に接するとその先から根を出す。茎の先端に大小2型の胞子嚢をつける。上位にある小胞子嚢には小胞子が多数,下位にある大胞子嚢には大胞子が4つ含まれている。小胞子は雄性配偶体に,大胞子は雌性配偶体になる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

イワヒバ科の関連キーワードコンテリクラマゴケ(紺照鞍馬苔)タチクラマゴケ(立鞍馬苔)クラマゴケ(鞍馬苔)イワヒバ(岩檜葉)クラマゴケ紺照鞍馬苔蝦夷の紐蔓立鞍馬苔ミズニラ黄金歯朶イワヒバ叡山苔瓔珞苔片檜葉鞍馬苔苔杉蘭愛宕苔万年草姫檜葉檜葉苔

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android