コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イワヒバ科(読み)イワヒバか(英語表記)Selaginellaceae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イワヒバ科
イワヒバか
Selaginellaceae

シダ植物イワヒバ目に属し,1属約 700種を含む。世界中に広く分布するが,特に熱帯に多い。小舌とともに小葉をつけ,長く伸びる。茎の分枝するところからは根持体という根と茎の中間的な性質をもった枝を分け,地面に接するとその先から根を出す。茎の先端に大小2型の胞子嚢をつける。上位にある小胞子嚢には小胞子が多数,下位にある大胞子嚢には大胞子が4つ含まれている。小胞子は雄性配偶体に,大胞子は雌性配偶体になる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android