コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小胞子 ショウホウシ

大辞林 第三版の解説

しょうほうし【小胞子】

同一植物の胞子に大小が見られる場合の小さい方の胞子。シダ植物では発芽して雄性前葉体をつくる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

小胞子
しょうほうし

シダ植物のイワヒバ科ミズニラ科、および水生シダ類(デンジソウ、サンショウモ、アカウキクサの各科)でみられる小形の胞子で、発芽すると造精器のみを生じる雄性前葉体になる。種子植物の粉粒に相当する。[安田啓祐]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

小胞子の関連キーワード体部白癬(斑状小水疱性白癬/たむし/ぜにたむし)マキエダケカビ(捲枝毛黴)頭部浅在性白癬(しらくも)ハリエダケカビ(針枝毛黴)タチクラマゴケ(立鞍馬苔)コウガイケカビ(笄毛黴)アカウキクサ(赤浮草)サンショウモ(山椒藻)エダケカビ(枝毛黴)オオアカウキクサフロリダソテツサンショウモ科おしべ(雄蕊)デンジソウ科ケルスス禿瘡ベネチテス類ナンヨウスギクラマゴケ維管束植物皮膚糸状菌

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android