コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

インコウ(営口)特別市 インコウYingkou

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

インコウ(営口)〔特別市〕
インコウ
Yingkou

中国東北地方,リヤオニン (遼寧) 省中部,リヤオトン (遼東) 湾の北東岸にある市。省轄市で4つの市区と2県から成る。市区はリヤオ (遼) 河の河口にあり,清代末から沿岸貿易が行われた。 1858年の天津条約により上流のニウチョワン (牛荘) に港が開かれ,インコウイギリス領事館がおかれたことによって,外国では「ニウチャン」とも呼ばれた。日露戦争後は特に大豆とその加工品の積出しが多く,搾油業が発達したが,河口が浅く,冬季3ヵ月は結氷するために,ターリエン (大連) 港に繁栄を奪われた。人民共和国成立後,リヤオ河とその支流フン (渾) 河の河道が整備されて港湾条件が改善され,臨海工業都市となった。結氷期は砕氷船が水路を開く。東方のインコウ県ターシーチヤオ (大石橋) 鎮からシェンター (瀋大) 鉄道の支線が延びている。付近にはマグネサイトの大鉱床がある。西部はリヤオ河平原の南部にあたり,コムギダイズ,ワタなどが栽培され,水稲の作付けもふえている。人口 213万 68,うち市区人口 57万 1513 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone