水稲

  • すいとう
  • すいとう ‥タウ
  • すいとう〔タウ〕

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水田で栽培されるイネ。イネは本来湿地に生える植物であるが、比較的乾燥に耐えられるところから、畑で栽培されるものもある。これを陸稲(りくとう)(おかぼ)といい、これに対し、水を張った水田で栽培されるイネを水稲(みずいね)とよぶ。

[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 水田で栽培する稲。陸稲に対していう。
※稲熱病(1939)〈岩倉政治〉七「その頃農林省は本年の水稲作況を次のやうに発表してゐた」 〔斉民要術‐編名〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の水稲の言及

【育苗】より

…育苗の場を苗床,苗圃(びようほ)という。水稲では苗代といい,畑作物などでは苗畑ともいう。育苗後の苗は本田・本畑に移植するのが普通である。…

【イネ(稲)】より

…インドネシアなど南アジアの島嶼(とうしよ)部で栽培されるイネは中間型のものが多い。
[水稲と陸稲およびうるち種ともち種]
 日本型とインド型の別を問わず,イネは耕地の水条件に適応して分化したとみられる水稲と陸稲(おかぼ)に区別される。水稲は通常湛水(たんすい)した水田に栽培されるが,耐乾性の強い陸稲は畑に栽培される。…

【米】より

…もち米のなかには精米にしたとき半透明で,うるち米と見分けにくいものがあるが,ヨード・ヨードカリ溶液で染色すると,うるち米は青藍色に,もち米は赤褐色に染まるので,簡単に区別できる。(3)水稲と陸稲 うるち米,もち米ともに水田につくる水稲と畑につくる陸稲(おかぼ)がある。陸稲は日本では畑の多い関東や南九州におもに栽培されている。…

※「水稲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水稲の関連情報