インディヘニスモ文学(読み)インディヘニスモぶんがく

百科事典マイペディアの解説

ラテン・アメリカ,特にアンデス諸国における,インディオの社会的地位復権を求める文学ジャンルの一つで,19世紀後半,ペルーのクロリンダ・マット・デ・トゥルネルの《巣のない鳥》(1889年)を先駆とする。その後1920年代末,ペルーの思想家ホセ・カルロス・マリアテギが《ペルーの現実解釈のための7つの試論》(1928年)で展開した社会主義的思想を理論的支柱として,エクアドルのホルヘ・イカサが《ワシプンゴ》(1934年),ペルーのシロ・アレグリアが《世界は広く無縁なもの》(1941年)を著した。一方,同じペルーのホセ・マリア・アルゲダスは幼少時をインディオの共同体で送ったことから,インディオの精神世界を内部から描くことに成功し,彼の《深い河》(1958年)はインディヘニスモ文学の傑作とされている。また,グアテマラのミゲル・アンヘル・アストゥリアスの《とうもろこしの人間たち》(1949年)もこの分野の代表作である。
→関連項目インディヘニスモ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android