コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イントラムロス いんとらむろす

デジタル大辞泉の解説

イントラムロス(Intramuros)

フィリピンの首都マニラ中心部にある旧城塞都市。17世紀初頭にスペイン人により建設され、統治の拠点となった。高い城壁に囲まれ、北西端のパッシグ川沿いにサンチャゴ要塞がある。サンアグスティン教会をはじめ、歴史的建造物が多く残っている。イントラムーロス。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のイントラムロスの言及

【パシグ[川]】より

…全長24kmと短いが水量は豊富で,マニラ市内の景観に色を添える。スペイン時代の城郭都市イントラムロスIntramurosは河口左岸に,現在の大統領宮殿は右岸の河口から4kmの地点にある。パシグとはピリピーノ語で川もしくは砂の堤防の意である。…

【マニラ】より

…またスペイン人到来以前から中国人商人が訪れ,16~17世紀には日本の商人も訪れ,日本人町(南洋日本人町)が形成された。当時はパシグ川河口左岸に築構された城郭都市イントラムロスIntramurosが中心で,そこには要塞はもとより総督府,大司教府,カトリック各派教会,大会堂,市会会館,公立学校,大学,病院などが立ち並び,スペイン人のみがこのなかで生活した。フィリピン人や中国人集落(パリアン)はその周辺に配置された。…

※「イントラムロス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

イントラムロスの関連キーワードサンアグスチン教会サンペドロ要塞カーサマニラパシグ[川]リサール公園マニラ大聖堂フィリピンマラテ教会

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android