インドマメジカ(読み)いんどまめじか

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

インドマメジカ
いんどまめじか
Indian mouse deer
[学]Tragulus meminna

哺乳(ほにゅう)綱偶蹄(ぐうてい)目マメジカ科の動物。インド、スリランカの森林にすむ夜行性の小形有蹄類。体長45~55センチメートル、体重2.2~2.7キログラム。角(つの)はなく、雄では上あごの犬歯が発達する。[増井光子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のインドマメジカの言及

【マメジカ(豆鹿)】より

… アジアには1属3種がある。インドマメジカTragulus meminna(英名Indian chevrotain)(イラスト)はインドとスリランカに分布するが,体色と斑紋はミズマメジカに似る。しかし,腹が後方まで白く,耳介の先はとがり,丸くない点で異なる。…

※「インドマメジカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android