コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イーグルストーン eaglestone

岩石学辞典の解説

イーグルストーン

空洞の中にある固定されていない核を含む団塊の古い名称.鷲がこのような石を巣に運び卵を産みやすいように出産の助けとしたと信じられていたのでこの名がある.鷲の安産石として流産除けや安産の護符として珍重された.団塊は胡桃大の鉄鉱石塊で,ペティジョンの空洞型(voidal type)の団塊に似ている.外側の層は緻密な褐鉄鉱でできており,内部は部分的に鉄に富んだ砂で埋められ,振るとがらがら鳴る.おそらく菱鉄鉱の団塊が酸化して形成されたものであろう[Theophrastus : 320 B.C. , Pliny : 77, Pettijohn : 1957].様々な名称が付けられ,クラッペルスタイン(klapperstein),アエタイト(aetites),鳴り石(rattle stone)などがある.空洞型団塊(voidal concretion)[Leroy : 1949].ラテン語のaetitesは鷲の意味.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

イーグルストーンの関連キーワードラットルストーン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android