コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イーグルストーン eaglestone

岩石学辞典の解説

イーグルストーン

空洞の中にある固定されていない核を含む団塊の古い名称.鷲がこのような石を巣に運び卵を産みやすいように出産の助けとしたと信じられていたのでこの名がある.鷲の安産石として流産除けや安産の護符として珍重された.団塊は胡桃大の鉄鉱石塊で,ペティジョンの空洞型(voidal type)の団塊に似ている.外側の層は緻密な褐鉄鉱でできており,内部は部分的に鉄に富んだ砂で埋められ,振るとがらがら鳴る.おそらく菱鉄鉱の団塊が酸化して形成されたものであろう[Theophrastus : 320 B.C. , Pliny : 77, Pettijohn : 1957].様々な名称が付けられ,クラッペルスタイン(klapperstein),アエタイト(aetites),鳴り石(rattle stone)などがある.空洞型団塊(voidal concretion)[Leroy : 1949].ラテン語aetitesは鷲の意味.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone