コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菱鉄鉱 りょうてっこうsiderite

翻訳|siderite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菱鉄鉱
りょうてっこう
siderite

FeCO3方解石鉱物三方晶系菱面体,板状,柱状の結晶,繊維状,魚卵状,土状の集合塊として産する。脆弱。硬度 3.7~4.2,比重 3.96。ガラス光沢ないし真珠光沢,半透明。黄褐,灰白,白,赤褐色など。菱マンガン鉱マグネサイトとの間に完全固溶体を形成し,方解石,ドロマイトとの間に部分固溶体を形成する。頁岩,粘土,炭層などの堆積岩中に層状を呈して産するほか,熱水鉱床脈石鉱物としても産する。先カンブリア時代の鉄鉱層中に,酸化鉄鉱物,チャートなどと互層して大規模に産するのは有名。初めは球状のものにちなんで spherosiderite (球状菱鉄鉱) と呼ばれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

りょう‐てっこう〔‐テツクワウ〕【×菱鉄鉱】

炭酸鉄を主成分とする鉱物。多く菱面体の結晶をなし、三方晶系。淡黄色・褐色などでガラス光沢がある。鉄の原料鉱石。炭酸鉄鉱シデライト

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りょうてっこう【菱鉄鉱】

炭酸鉄を主成分とする鉱物。三方晶系。ガラス光沢があり、淡褐色であるが、赤褐色に変色する。堆積岩中や火成岩中に産する。炭酸鉄鉱。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

菱鉄鉱
りょうてっこう
siderite

鉄の鉱石鉱物の一つ。日本では熱水鉱脈鉱床中に、また接触交代鉱床(スカルン型鉱床)中に、堆積(たいせき)岩の団塊として、ときに花崗(かこう)岩中の脈として、あるいは粘土鉱物とともに堆積岩の熱水交代産物として産出する。大陸地域では堆積岩の主成分として出現する。自形は菱面体を基調とした立体。比較的還元環境、中性ないしアルカリ性条件下での産物である。地表条件でこのような環境が壊されると、分解していわゆる褐鉄鉱となる。日本のおもな産地は、兵庫県生野(いくの)鉱山、栃木県鹿沼(かぬま)市引田岩花(ひきたいわはな)鉱山、埼玉県秩父(ちちぶ)鉱山など。英名は鉄を意味するラテン語に由来する。[加藤 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

菱鉄鉱の関連キーワード菱鉄鉱(データノート)シャモサイト質鉄鉱床シャモサイト質泥岩ウーライト質菱鉄鉱チャート質炭酸鉄イーグルストーン褐鉄鉱ウーライトダイアフォル鉱ブーランジェ鉱硫銀ゲルマン鉱ベンジャミン鉱魚卵状鉄鉱石チャモサイト炭酸塩化作用ポリディム鉱ガガーリン石菱ニッケル鉱アンケル石糗石・麨石炭酸塩鉱物

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android