イールズ ウォルター・クロスビー(英語表記)Eelles Walter Crosby

20世紀日本人名事典の解説

イールズ ウォルター・クロスビー
Eelles Walter Crosby

07の教育家 元・GHQ民間情報教育局(CIE)顧問。



国籍
アメリカ

生年
1886年3月6日

没年
1963年12月15日

出生地
ワシントン州メーソン

学歴〔年〕
ホイットマン・カレッジ卒,スタンフォード大学大学院修了

学位〔年〕
博士号(スタンフォード大学)

経歴
高校教師を経て、海軍兵学校で数学・工学を教え、以後各大学おび政府機関で働く。1947年GHQ民間情報教育局(CIE)の高等教育に関する顧問として来日。米国の対日占領政策が反共方針を明確にした時期にあたり、日本で積極的に“大学の反共化”のために活動。’49年7月新潟大学の講演で大学から共産主義教授の排除と学生自治の“改善”を強く勧告(イールズ声明)、これを皮切りに全国30大学を講演してまわる。これに対し南原繁東大総長は学問の自由の立場から反対を表明、また反帝闘争に踏み切った全学連は’50年東北大、北大と連続してイールズの講演を拒否し、全学連臨時大会で反イールズ・帝国主義打倒を決議、大学のレッド・パージを阻止した(イールズ事件)。’51年帰国。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android