コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皮切り カワキリ

デジタル大辞泉の解説

かわ‐きり〔かは‐〕【皮切り】

2が原義》物事のしはじめ。手始め。「話の皮切り
最初に据える灸(きゅう)。
「商売にはかへられず―こらへて出る心」〈浄・反魂香

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かわきり【皮切り】

が原義〕
物事の一番初め。手始め。 「 -の挨拶あいさつ」 「スキー-シーズンの-」
最初にすえる灸きゆう。 「 -こらへて出る心/浄瑠璃・反魂香」
[句項目] 皮切りの一灸

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

皮切りの関連キーワード中国残留日本人孤児による国家賠償請求集団訴訟ぎふメディアコスモスの漏水ロック・ミー・アマデウスショッピング・センターApple Storeひまわり基金法律事務所ウォルター シェール京葉臨海コンビナート1限めはやる気の民法自治体コールセンターロック・ミュージカルシリコンスチーマージョナサン キングゴゾー コンラッド藤山台3校の統合オルフェウスの窓内国勧業博覧会高尾山天狗裁判SIM2030イリゴージェン

皮切りの関連情報