コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウィグナー‐エッカルトの定理 Wigner-Eckart theorem

1件 の用語解説(ウィグナー‐エッカルトの定理の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ウィグナー‐エッカルトの定理【Wigner-Eckart theorem】

量子力学において,角運動量固有状態に対する球面テンソル演算子 Tq(k) の行列要素が,クレプシュ‐ゴルダン係数で

と表現できるという定理.ここで jj′ は全角運動量,mm′ はその z 成分,α,α′ はそれ以外の量子数を表現している.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ウィグナー‐エッカルトの定理の関連キーワード角運動量スピン量子数量子数スピン磁気量子数エーレンフェストの定理角運動量加成則クレプシュ‐ゴルダン係数コンドン‐ショートレイ‐ウィグナーの位相則総和則(量子力学)角運動量の保存

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone