ウィリアム・ハワード タフト(英語表記)William Howard Taft

20世紀西洋人名事典の解説


1857 - 1930
米国の政治家。
元・米国大統領。
オハイオ州生まれ。
1892年から8年間巡回裁判所判事として活躍し、1900年から4年間フィリピン植民地総督を務める。その後’08年までT.ルーズベルト政権下で陸軍長官となる。その間’05年桂‐タフト協定や’07年日米紳士協約を締結させるなど意欲的に活動。’08年ルーズベルトの後継者として共和党より第27代大統領に当選。「ドル外交」を推進し、’09年ペーン‐オルドッチ関税法を施行した。’12年の選挙で敗北し、翌年エール大学教授となり、晩年は’21年より9年間最高裁長官となり、活動する。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1857年9月15日
アメリカの第27代大統領
1930年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android